セックス指導の充実した早漏商材を選ぼう

セックス指導の充実した商材を選ぼう

早漏対策の商材を買うなら、
セックス対策の情報も充実した商品がいいという話をしました。
結局早漏に悩んでいる人は、女性を満足させられない自分に悩んでいるのです。
そういった男性は早漏が治ったからといって、
自動的に女性を満足させられるかといえば、全く違うのです。

俺の話をさせてもらえば、
早漏を克服したといっても7、8分持つようになったという程度です。
とにかく激しくピストンできるようになったので自分的には満足がいくようになりましたが、
かといって女性が喜んでいるわけでは全くありません。
問題は早漏以上にセックスのスキルです。どうせなら早漏を改善しつつ、
セックスのスキルも磨かなければならないのです

有名AV男優が監修をしている商品を選ぶ

早漏改善の商材は、いろいろな人が監修して出しています。
医師もいれば、薬剤師も居ますし、鍼灸師監修、風俗ライター監修の商品もあります。
そうした商材の中で誰が作った商材を選ぶべきなのか、
いうまでもなくAV男優監修の商品を選んでください。

例えば俺が実際に学んだ田淵さんの早漏対策ビデオは、
付録という形で語られているセックス指導がすごく役立ちました。
他にもAV男優監修の情報商材をいくつか見ましたが、
この商品は何より、
射精を我慢できる挿入方法
射精を我慢しつつ女性が喜ぶ体位
セックスしながらどうやって射精をコントロールするか
といった内容が充実しているので個人的にはすごく好きでした。
正直にいうと一般的な早漏克服に関する情報は
そこまで真新しさを感じなかったですけど、
それでも基礎的な情報にすら何百人、何千人の女と寝た田淵さんならではの視点があり、
1番頭に入りやすい印象がありました。

早漏の情報商材を作る医師や薬剤師には、
本人たちに早漏の悩みがないのかもしれません。知識の伝達、射精時間の延長に終始していて、
セックスの視点がごっそり抜けているんですよね。
もしかすると、医師や薬剤師ってセックスの経験がほとんどないのかもしれません。
勉強ばかりしていて。

もちろん田淵さんの情報商材ではなくてもいいですが、
少なくとも医師や薬剤師、鍼灸師が語る早漏対策よりもAV男優ものは使えます。繰り返しますが、
早漏の克服といっても、日本人の遺伝子では限界があります。
日本人は遺伝子的に早漏になる可能性が高いのです。その限界内でいかに女性を喜ばせるか、
その一点こそが最も重要なのです。
まさにその問題の本質に答えてくれている情報商材は、AV男優にしか作れません。