早漏克服のために手術が必要な人のタイプ

早漏と手術の関係

結論から言えば、早漏克服のために手術をする必要はありません
特に亀頭にシリコンを入れる必要は0です。
他の方法で早漏など簡単に克服できてしまいます。

しかし一方、手術を必要とする早漏もあるから困ります
包茎がらみの早漏です。包茎だから即手術を必要とするのではなくて、
包茎で亀頭が敏感過ぎる人は先に包茎を治し、
その後で早漏を克服する必要があるのです

包茎と早漏と手術について

早漏克服のために手術を必要としない包茎もあります
亀頭が敏感過ぎる状態ではない包茎は、少なくとも早漏克服という観点からすれば手術の必要はありません。
早漏は別の要因で起きている可能性が高いです。
見た目の問題、臭いの問題などは手術で解決できるかもしれませんが、早漏に関しては意味がありません。
AV男優監修の商材などを買って一から対策を始める必要が出てきます。

しかし一方で、手術を必要とするタイプの早漏だった場合、
スパッと受けてしまった方がいいです。
現在はヒルズタワークリニックのように全国展開+5万円前後の手術費という
コンビニのような手軽さのクリニックも存在します

包茎で早漏の人は大まかに分けてタイプが2つ

包茎で早漏の人は大まかに分けて2種類に分かれます。
1、 包茎で亀頭が敏感
2、 包茎でも亀頭が敏感でない
このうち、どちらが手術を必要とするのでしょうか?
もちろん1の包茎です
。亀頭が敏感過ぎると、その刺激によって
脳内の興奮物質が分泌され射精が起きてしまいます。
この手の早漏を治したいと思えばどうしても手術を必要とします。
その場合は医師免許を持った人に協力をお願いしなければいけません。

しかし一方で、2番のタイプの包茎であれば手術の必要はありません。
むしろ手術をしても早漏にはあまり効果がありません。
わざわざ亀頭にシリコンを入れる必要も0です。もちろん亀頭を大きくしたい人は別ですが、
亀頭の敏感さ以外が原因で早漏が起きているとすれば、
シリコンを注入しても意味がありません

見分け方は簡単です。皮をむいて指の先で亀頭に触れてみてください。
次に乾いたタオルで軽くこすってみましょう。
そうした刺激に耐えられないようなら包茎の手術を検討してみてください。
仮に耐えられる、あるいは訓練すれば耐えられるようになりそうだと思った場合は、
今までのページで語ってきたような情報商材で早漏対策に踏み出してください。
即ち、セックス改善です。